電話:06-6714-7881

三喜鋲螺株式会社

調達アウトソーシング

調達アウトソーシングの目的は経費削減と企業力強化

経済状況の大きな変化

グローバルな産業構造の変化により、企業は生産拠点・市場の「海外対応」に迫られ、競争激化による「スピードある多機種展開」や「更なるコスト力強化」といった経営改革、業務改革が急がれています。 こういった状況にうまく対応するため、多くの企業は複雑かつ膨大化する調達業務に多くの人材を投入され、増加する部品在庫に倉庫スペースや在庫費用を充てられ、やもすればキャッシュフローにも影響するといったケースも見られます。

 

利益創出のご提案

弊社は、電機部品のSCM対応ノウハウを「調達アウトソーシング」事業に進化させました。まだまだ調達業務の「しくみ」を変えればコストダウンは可能です。

 

調達アウトソーシングの効果

POINT1 コア・コンピタンスの強化

貴社の強みUP効果

「アウトソーシング」は「特定の経営資源を外部に依存する事」でコストの削減とともに「社外の高度なスキルを活用し、専門性の高い業務も含めて外部委託する事」で「自社の経営体質の強化」が得られます。

 

POINT2 貴社の在庫をゼロに

財務効率UP効果 人材活用のUP効果

必要部材の管理を三喜鋲螺に任せる事で、貴社の在庫負担を無くし、キャッシュフローを改善し、総資産利益率を向上させます。

在庫は基本、弊社が準備いたします。 また社内業務の委託で、人件費や倉庫の削減と余剰人材の有効活用を図ります。

 

POINT3 調達の悩みをゼロに

QCDをまとめてUP効果

フォーキャスト1枚で調達完了

『必要な部品を・必要な時に・必要な量を・使用場所に』お届けします。部品展開やリードタイム管理などはお任せください。

 

POINT4 隠れた経費をゼロに

効率UP効果

部材のロット購入で発生する残部材や変動による余剰部材は、その管理経費まであわせると、無くせるものなら削減したい隠れた経費です。又、前加工などに伴う管理経費もAssy部品の調達でゼロにできます。

調達アウトソーシングのコストダウン効果は隠れた経費削減に効果を発揮します。

 

POINT5 海外も同じサービスでゼロに

財務効率UP効果 地産地消率UP効果

海外生産拠点へも同じアウトソーシングを提供

海外生産拠点における調達の管理経費の削減や品質・納期問題の対策、及びキャッシュフローの改善や通関コストの削減など、海外ならではのムダや不便を解消します。

 

調達アウトソーシングの流れ

調達アウトソーシングでは、貴社のフォーキャストを発行する、これだけで調達は完了します。
あとは弊社が「必要な時」に「必要なもの」を「必要な量」だけ「必要な場所」にお届けします。

調達アウトソーシングの流れ

 

創出利益とは・・・

創出利益の原価構成わが社は、購入価格や経費内容を公開することで、クライアントに創出利益を把握していただきます。

従来の利益は、変更後の当初利益と同じ。 従来の経費は、仕事量に季節変動や時間変動があるにもかかわらず、同じ人手、同じ場所代が必要で、ムラがそのまま無駄になっていました。これをアウトソーシングしますと、変動を標準化する事でムラを吸収してムダを排除できます。

また、同じ業者宛の連絡や調整が可能になることで、通信費や事務経費が格段に削減可能となります。

 

調達アウトソーシングに関する投稿記事